色彩コーディネートアドバイス

色彩コーディネートアドバイス

『色』というのは不思議な物でそれぞれの色に性質があります。
どのような部屋にしたいのか?選ぶ色で雰囲気も見違える程変わる事でしょう。
あなただけのコーディネートを楽しんで頂けるようにと、少しでも手助けしたいと思います。

色が占める割合について

インテリアのコーディネートをする時はベースカラー70%、テーマカラー25%、アクセントカラー5%で配分すると凄くまとまりがあり、また個性あふれるお部屋に仕上る事でしょう。
あなただけのお部屋をカーペットと共に過ごして頂けると幸いです。

色が占める割合についてイメージ

ベースカラー
部屋全体の70%を占める部分にあたります。
主に白、アイボリー、ベージュ系、ブラウン系で構成される事が多いです。

テーマカラー
好みの色や、どのような部屋にしたいかによって大きく分かれます。
全体の25%の割で考えます。

アクセントカラー
全体の5%の割合で強調したい色を使用します。

色が与える効果

オレンジ

太陽を思わせる、陽気さや活発さが表現出来ます。家族や食欲という暖かいイメージを誘うので、ダイニングの床や壁に最適。

ピンク

幸福感や安らぎを与えてくれます。人が集まる部屋の壁や床面に取り入れると、なごやかで楽しい空間を演出する効果があります。

レッド

エネルギーやバイタリティーを表す色。積極的な気分を呼び、集中力を高めます。アクセントカラーにつかうと、明るい雰囲気に。

ブルー

心身の興奮を静める働きを持つのがブルー系統の色。ストレスや緊張をほどき、心を落ち着かせてくれます。寝室やリビングによく使われています。

グリーン

心とからだのバランスを取り、リラックスを促します。心身にやさしく作用する波長を持っているので、どの部屋にも取り入れやすい色です。

イエロー

自然光に最も近いといわれる色。希望や自信を与えたり、集中力を高めるパワーがあり、リビングや子供の勉強部屋にお薦め。

無彩色

感情を浄化させる白、協調をあらわすグレー、引き締まった色を感じさせる黒。無彩色の組み合わせはモダンな印象を与えます。

ブラウン

土や樹木といった自然、ぬくもりをイメージさせます。淡い色は柔らかく上品、濃い色はシックな雰囲気と、濃淡によりさまざまなイメージになります。

パープル

古くから高僧や貴族が身につけてきた色。部屋に穏やかなエネルギーが浸透し、傷ついた心や体に高いヒーリング効果をもたらします。