素材別汚れの取り方

カーペットのお手入れ

いつもお世話になっているカーペット、日頃からのお手入れで、いつも衛生的に保ってあげましょう。
せっかく見つけたお気に入りのカーペットです。日頃のお手入れで末永くお使いください。

日常のお手入れ

週に1~2回程度、細かなゴミやホコリをとるために毛並みにそって掃除機をかけてください。
1ヶ月に1回、バケツ1杯のぬるま湯にキャップ1~2杯の中性洗剤を溶かし、雑巾を堅めに絞り毛並みにそって拭いてください。
遊び毛は新しいカーペットのパイルに含まれる余分な毛が出てくるものです。この遊び毛がとれたあとにカーペット本来の毛ヅヤが出てきます。抜け毛ではありません。
パイルが飛び出した時には、引き抜いたりせずにハサミで丁寧に切りそろえてください。
くぼみができたら、スチームアイロンの蒸気かぬるま湯を濡らした布でパイルを起こし、毛並みにそってブラッシングしてください。
ダニはあらゆる場所にいますが、日頃のお手入れと気配りで繁殖は防げます。吸引力の大きい掃除機で週に2回は掃除しましょう。夏の大掃除も効果的です。さらに風通しをよくしましょう。湿度が45%以下になると、ほとんどのダニは死滅します。

汚れの種類と取り方

チョコレート

布やティッシュなどで拭き取り、残った物を消毒用アルコールを水で薄めた液体で拭きます。

醤油・ソース

すぐに布やティッシュペーパーなどでできる限り吸い取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きます。

良く乾かした後、ブラッシングである程度の汚れを落とし、その後で中性洗剤を含むぬるま湯で拭き上げます。

チューイングガム

できるだけ取った後、氷をビニール袋に入れたもので残った部分を冷やし固めます。固まったらマニュキュアの除光液をつけて布で拭き取ります。

牛乳

叩く様にして水分を拭き取ります。染みが残るようであればベンジンで拭き上げます。

血液

塩水で拭いた後、ぬるま湯で拭き上げます。塩水で拭く際は冷水を使用する事。

口紅

ベンジンを布に染み込ませつまむようにとり、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きます。

犬・猫のふん

塩水で拭き取ってから、汚れが取れたら酢を含ませた布で拭き中性洗剤を入れたぬるま湯で仕上げます。

紅茶・コーヒー

水で含ましたタオルで拭く。生クリームやミルク入りのときは、薄い洗剤液で拭き、古いシミは酢で拭き上げる。

尿

塩水や酢などを何回かに分けて拭き、最後に中性洗剤で拭き上げる。